QOUL|大学生の生活満足度調査

平成24年度「QOUL|大学生の生活満足度調査」事業内容

本事業は、厚生労働省社会福祉推進事業として平成23年度より実施しております。前年度は現役大学生2000名へのアンケートを行い、報告書を作成致しました。

この報告書の要約として、

大学生は、大学生活への高い満足度とは裏腹に、多くの大学生が将来への職業的不安を抱えている。
しかし、彼らは大学の相談機関を利用する等、不安への具体的な解決行動に向かおうとしていないようだ。

というアンケートから見えてきた傾向は、大学関係者や若年者就労支援関係者をはじめ、多方面の方々から注目を頂いております。
私たちは、上述の傾向を持つ、将来への見通しがたたず、強い不安感を抱きつつも、十分な支援を受けていない学生や、大学内で孤立し、困難状態にありながら、大学に把握されず、大学内外の支援も受けていない学生を把握することで、しかるべき大学内の支援スキームの構築をしていきたいと考えております。

そこで本年度は、現在、厚生労働省が全国116カ所で民間委託事業により実施している、地域若者サポートステーションを利用中の大卒及び大学中退者の方を対象に、前年度アンケートをベースとしたアンケートを実施し、以下のような事柄についての把握を試みたいと考えております。

1.彼らは、在学中にどのような学生生活を過ごしていたのか。
2.彼らは、いつの時点から困難な状況に陥ったのか。
3.彼らは、在学中に予防的な支援や、他者の助けを受ける機会はなかったのか。

現在お答え頂いている本年度調査結果と、前年度の結果を摺り合わせることで、今日の若者が抱える、大学在学中の困難を知る手がかりとなり、大学生及び進路未決定者への早期支援を行うための足がかりになるものと考えております。

 

アンケート結果について

平成24年度

「大卒後に就労困難な状態となり、地域若者サポートステーション(以下サポステと略)を利用することになった「大卒無業」の若者たちの、大学入学からサポステ利用までについてのアンケート及びヒアリング調査です(総回答数359名、有効回答数260名)。

彼らは、教育と雇用の接続ポイントである、就活につまずいた若者なのでしょうか?
或いは、何らかの課題を抱えた状態で大学に入学し、それを大学で(大学が)解消できないまま、社会に放り出された若者なのでしょうか。

本アンケート結果(3-5)の「就職活動で何社くらい応募しましたか?」という質問の結果、40.4%もの方が0社と解答していることを考えると、就活でつまずいたというよりも、それ以前に何らかの課題や不安を抱えたことで、就活に挑めなかったと考えることが妥当だと思われます。
そして彼らの多くはキャリア支援センターのサービスを受けていません。大学が課題や不安を抱えた学生に気づかず、彼らをそのまま社会に出してしまい、所属を失ってしまうことで、課題や不安は助長され、より困難状況に陥ってしまいます。

本アンケート結果から、主体的に学ぶ場である大学内で、非主体的であるがゆえに見過ごされてしまっている学生像が浮かび上がります。
本ページよりダウンロードいただける事業報告冊子が、学生支援及び若年者就労支援の新たな形を模索する一助になれば幸いです。

人生で初めての愛車購入

人生で一番大きな買い物つまり私にとっては人生初めての愛車購入です。金額にしても一番大きい買い物でした。

車を購入しようとなったきっかけは車の免許を取得したことです。私が免許を取得したのが20歳で社会人1年目の梅雨の頃でした。

免許を取得してから職場でもプライベートでも車を運転する機会が多くなり、次第に「自分の愛車が欲しい」と気持ちが強くなりました。それに加え、高卒から就職している友人はお金があり、自分の愛車を保有している子を見るとその気持ちは増々強くなっていきました。

私は当時、会社を辞めて夜の世界に入って間もない頃でした。それなりに楽しく働いていました。

ですが、私には当時交際していた彼氏がいて、お金を貯めて同棲生活をしようねと強く言われていました。おまけに同棲資金を貯めながら交際費にもお金を使うので(県が違うので)愛車購入の為の資金を貯める余裕なんてありませんでした。

そして、同棲資金をやっとこさ貯めいざ新生活の為色々な必要な物を準備すると手元には全くお金が貯まりませんでした。

ここから愛車購入に向けての貯金が始まります。とりあえず同棲をしているので交際費はほとんど掛からないようになり、その分を貯金し、生活面においても自炊を心がけました。まだまだ若かったので朝食を抜いたり、昼食を職場の余ったパンなどを食べお金を浮かしました。その間も車の調査は欠かせません。

中古車をネットで検索しては比較して自分好みの車、金額を徹底して調査しました。

車を購入する節約術も調査しました。例えばディーラーに手続きをお願いしたら手間賃がかかるので自分でもできることを調べてお金を浮かすことを調査しました。

そして、頭金ほどのお金が貯まったところで自分で最終査定を行いました。

まず新車・新古車・中古車どれにするか。軽自動車・普通車(5ナンバーか3ナンバー)どれにするか。やはり初めての愛車ということや金額もあるので中古車を選択し目星をつけていた車種を改めて調査しました。(本当は新車を欲しかったんですが我慢しました)

ところがそこで思いがけない出会いと巡り逢います。なんとたまたま同じ職場の先輩女性にこの車の話をすると、その先輩のお父さんが私の欲しい車種の会社の店長していると。そして、知り合いだから値引きを大きくしてあげると。新車を扱っているので戸惑いましたが、この車種は生産中止だから今買わないともう新車はないよとまるで私を新車へと導かれているようでした。

それからは、実際にお店に行き、総金額を確認して、新車を買う決意をしました。もちろん値引きも大きくしてくれて、自分ができる事務処理も行わせてもらいました。少しお金が足りない分はキャッシングでまかないました。水商売でも審査が通ることに驚きました。

中古車を買う予定でしたが、思いがけない縁と巡り逢い、新めての愛車を新車で購入することができました。あれから今年で10年。今も同じ車を乗っています。

家族が入院となると至急お金が必要になります。

看護師のユキです。至急お金が必要!と感じるとしたら、家族が入院を必要とする病気や怪我をした時ですね。
入院費用以外にも、洗面道具や下着や身の周りの物をそろえないといけなくなります。入院するまでの準備にかかる費用は結構かかると思います。

また、手術や特殊な治療や検査費が必要となれば、その費用のことも、頭に入れておかなければなりません。家族が入院中の間は暫くは毎日、様子を見に行くようになるでしょうから、私は運転免許を持っていないので、病院までの交通費も結構かかってくると思います。荷物がか多い時や天候が悪い日は、タクシーを利用する頻度も増えるでしょうから交通費は、ある程度必要となってくるでしょう。

また、家族が入院中の間は家事をする時間も減り夕食などは、弁当や総菜を利用するようになるので、そういう場合の食費も普段よりも、かかってきます。個室に入るとなれば個室料金もかかりますし、病院次第では冷蔵庫やTVも有料な場合もあります。
我が家の場合、入院するとしたら高齢の母親になりますので、医療費は比較的に負担が少なくて済むと思います。
ただ、退院が近まれば高齢者ですので歩けるようになる為のリハビリ費用も、別に請求されるでしょうし、多少介護が必要なので、そういう部分での費用も請求されることとなるでしょう。
退院後もリハビリや診察に通う必要性があれば、それらの費用や、移動の際のタクシー代などもかかってくることになります。

こういうことにならないようにと、日頃から気をつけていますが、こればっかりは、いつどうなるかわかりません。こういう時に必要となるお金はどうするかというと、貯金を頼りにすることになります。

イレギュラーな支出はなるだけ控えたいと思っていますが、こんな場合はそうもいきません。民間の医療保険に加入しておいてくれたら、少しは助かるのですが、本人がそういう危機感がなかったの加入していないので貯金を頼りにすることとなります。

これから先のことを考えて勤め先の病院を変えようかと思っています。看護ルーってサイトそ同僚に教えてもらったので、時間ができたら探してみようと思っています。