人生で初めての愛車購入

人生で一番大きな買い物つまり私にとっては人生初めての愛車購入です。金額にしても一番大きい買い物でした。

車を購入しようとなったきっかけは車の免許を取得したことです。私が免許を取得したのが20歳で社会人1年目の梅雨の頃でした。

免許を取得してから職場でもプライベートでも車を運転する機会が多くなり、次第に「自分の愛車が欲しい」と気持ちが強くなりました。それに加え、高卒から就職している友人はお金があり、自分の愛車を保有している子を見るとその気持ちは増々強くなっていきました。

私は当時、会社を辞めて夜の世界に入って間もない頃でした。それなりに楽しく働いていました。

ですが、私には当時交際していた彼氏がいて、お金を貯めて同棲生活をしようねと強く言われていました。おまけに同棲資金を貯めながら交際費にもお金を使うので(県が違うので)愛車購入の為の資金を貯める余裕なんてありませんでした。

そして、同棲資金をやっとこさ貯めいざ新生活の為色々な必要な物を準備すると手元には全くお金が貯まりませんでした。

ここから愛車購入に向けての貯金が始まります。とりあえず同棲をしているので交際費はほとんど掛からないようになり、その分を貯金し、生活面においても自炊を心がけました。まだまだ若かったので朝食を抜いたり、昼食を職場の余ったパンなどを食べお金を浮かしました。その間も車の調査は欠かせません。

中古車をネットで検索しては比較して自分好みの車、金額を徹底して調査しました。

車を購入する節約術も調査しました。例えばディーラーに手続きをお願いしたら手間賃がかかるので自分でもできることを調べてお金を浮かすことを調査しました。

そして、頭金ほどのお金が貯まったところで自分で最終査定を行いました。

まず新車・新古車・中古車どれにするか。軽自動車・普通車(5ナンバーか3ナンバー)どれにするか。やはり初めての愛車ということや金額もあるので中古車を選択し目星をつけていた車種を改めて調査しました。(本当は新車を欲しかったんですが我慢しました)

ところがそこで思いがけない出会いと巡り逢います。なんとたまたま同じ職場の先輩女性にこの車の話をすると、その先輩のお父さんが私の欲しい車種の会社の店長していると。そして、知り合いだから値引きを大きくしてあげると。新車を扱っているので戸惑いましたが、この車種は生産中止だから今買わないともう新車はないよとまるで私を新車へと導かれているようでした。

それからは、実際にお店に行き、総金額を確認して、新車を買う決意をしました。もちろん値引きも大きくしてくれて、自分ができる事務処理も行わせてもらいました。少しお金が足りない分はキャッシングでまかないました。水商売でも審査が通ることに驚きました。

中古車を買う予定でしたが、思いがけない縁と巡り逢い、新めての愛車を新車で購入することができました。あれから今年で10年。今も同じ車を乗っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です